不動産投資はインフレに強いのが魅力的

マンションを経営しようとすると、かなりのリスクを背負わなければいけません。
一般のサラリーマンが手を出せるものではありません。
よほど多くの資産を持っている人ぐらいしか、マンション経営はできないのではないでしょうか。
ただ、最近は割と簡単に不動産投資ができる時代になりつつあります。
小口の投資でマンションの経営ができるという金融商品も多数登場してきているからです。
REITと呼ばれる商品なら、通常の株と同じような感覚で、小口投資ができます。
株や債権だけでは、十分な分散投資ができません。
そこに不動産投資を入れてみると、資産運用も安定します。
なぜなら、不動産投資は非常にインフレに強いものだからです。
インフレが起こっても、家賃収入は比例して上がっていくのでほとんど問題は起こりえません。
債権はインフレに弱いですが、こうした別のインフレに強い資産を持っているだけで、安全度は高まります。
ですから、今、REITは大変大きな注目を集めています。